生死をさまよった黒猫。元気になって病気の動物たちを看病するようになる 7枚

ポーランドの都市ブィドゴシュチュにある動物保護施設。そこには黒猫の看護師さんがいます。

生後2ヶ月の時にこの施設にやってきた黒猫のラデミンズは、気道に炎症を起こしていました。状態はとても悪く生死の境をさまよい続けましたが、なんとか一命を取り留めます。

すっかり元気になったラデミンズは、なんと他の動物たちの看護をするようになったそうです。

rademenes-cat-7

 
犬でも猫でも関係ありません。病気の動物が保護施設に運ばれてくると、すぐに隣を陣取って体を温めてあげたり舐めてあげたりします。

rademenes-cat-8
rademenes-cat-9
rademenes-cat-3
rademenes-cat-4
rademenes-cat-5
rademenes-cat-6

わずか2ヶ月という幼い体で病と戦い、その辛さを知っているラデミンズだからこそ、苦しむ動物たちを放っておけないのではないでしょうか。

ラデミンズの存在は、運ばれてくる動物たちにとって大きな支えとなっていることでしょう。

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]