夢を諦めない人に!勇気をもらえる甲本ヒロトの隠れた名言

「甲本ヒロトさんは、大好きなことをずっとやり続けてきているが、やりたくてもやれない現実があったりするのに、それができるのはすごいと思う」と言った音楽番組の司会者に、甲本ヒロトはこう言った。「そんなことないぜ。やればいい。」 その後に続く言葉に、とても勇気づけられた。

甲本ヒロトの隠れた名言

(こちらの言葉は下に貼ってある動画から書き起こしました。動画で見たい方はスクロールして下さい。)

 何かをやるためには、ついでに「やらなければいけないこと」ってのが、くっついてくるんだよな、世の中、大人になると。

 
 子どもの時はさ、「やりたいこと」があります、「やりたいこと」をやるためには、「これをやらなければいけない」というのが、くっついてくる、で、子どもはさ、その「やらなければいけないこと」が克服できないんだよ。だから「やりたいこと」も我慢しなければいけない。

 
 それはしょうがないじゃん。子どもなんだもの。だけど、大人になってくると、何が違うかって言うと、この「やりたいこと」にくっついてくる「やらなくてはいけないこと」を、克服できるパワーが、大人になったら備わってきてさ、それを全部、こう、解決していくんだな。そして、「やりたいことをやる」っていうところに到達できるんだ。

 
 だから、子供の頃から変わってないんだよ、「やりたいこと」っていうのは、多分。で、それができるようになるのが大人だからさ、だから、例えばさ、10代の頃にできなかったからといって、諦めなくてもいいと思う。20歳になった30歳になった40歳になったとき、「あの時、出来なかったことを、今なら出来る」っていう大人になっているかもしれないじゃないか。だから、もう1回でも、何回でもチャレンジできると思うぜ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]