漁師たちが氷山の上に「弱ったアザラシ」を発見。かと思いきや、近づいてみると!?

漁師のマロリーさんたちは、カナダ・ラブラドル半島の沖合6kmほどの地点で、キノコ型の氷山の上に「なにか」を発見しました。

 
近づいてみると…どうやら、うずくまるアザラシのようです。

 
と、思いきや



 
その正体は、なんと「ホッキョクギツネ」でした!Σ(゚Д゚;)

 
おそらく食べ物を探しているうちに、氷が割れ…

孤立したところを、カモメの群れに襲れてしまったようです。

 
マロリーさんたちは何とかして、餓死寸前まで弱りきった彼を救出することに。

 
自分たちの船を氷山に横付けし、こちらへと移ってくるようにと誘うのですが、キツネは警戒して逃げ出してしまいます。

彼らは仕方なく足下の氷を割り、逃げ場をなくした上で、やっと捕まえることに成功しました。

 
即席の寝床を作ってやり、甲斐甲斐しく世話をするマロリーさんたち。

 
しかし…不安からか、乗船後もキツネは抵抗を続けます。

初めの5、6時間ほどは全く何も食べようとしなかった。

チップスやクラッカーをあげたんだけど、全然欲しがらなかったんだ。

 
それでも諦めず、眠り続けたキツネが目を覚ましたタイミングを見計らって、今度はウインナーソーセージを与えてみると…

 
パクパクと食べ始めました!

その後はキツネも少し落ちついた様子で、食事と睡眠を繰り返します。

 
そして…

陸に戻った彼らに、お別れの時がやってきました。

 
感動的なシーンを、ぜひとも動画でご覧ください。

 
駆け去っていった白い背中。どうか末永く、元気に暮らしてほしいですね。

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]