『多くの人は気づかない』兵庫県・JR三ノ宮駅の高架に空いた「無数の穴」の意味は?

しばいぬ (@gonta_shibaken)さんが写真で紹介した、兵庫県・JR三ノ宮駅の高架に空いている「無数の穴」。

その意味は…

 
戦争は、決して遠い昔の出来事ではないのだと、改めて思い知らされます。

 
おっしゃる通り、この傷を「負いたくない」と同時に、「与えたくない」という感情もまた、大切に受け継いでいかなければなりません。

 
ネットの反応

●知らなかった

●見に行ける距離だ。行こう

●この肉厚の鋼材を撃ち抜くのか

●戦争の残酷さ、無意味さがとても伝わって来ました…

 
「今の社会は、正しい方向に向かっているのか?」

一つ一つの穴の向こう側から、そんな問いかけが聞こえてくるかのようです。

 
悲劇をなきものとしないこと。

そして、我々が享受している平和の意味を、いつまでも振り返り続けることが大切ですね。

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]