103回目の誕生日を迎えたおばあちゃんが、「プレゼント」に望んだのは? 5枚

アメリカ・ユタ州セントジョージの高齢者施設に暮らすリリアンさんは、この春、103歳の誕生日を迎えました。

そこで、施設の責任者であるデビーさんがバースデープレゼントに欲しいものを尋ねると…

 
彼女から返ってきた答えは、「猫」

 
2年ほど前に愛猫を亡くしてしまったリリアンさんは、いつも心にぽっかりと穴が空いたような気持ちで寂しい毎日を過ごしていたといいます。

 
そんなリリアンさんの願いを叶えるべく、デビーさんは奔走。

アニマルシェルターで働く兄弟にも声を掛け、どこかに引き取り手を求めている猫はいないかと聞いてまわりました。

 
そして迎えた、誕生日当日



 
贈られた9歳の猫・マーリーを、一目ですぐに気に入ったというリリアンさん!

愛しくてたまらないという様子で、新たな家族の体を優しく抱きしめます。

 
ちょうど6週間ほど前、同じくセントジョージにあるアニマルシェルターに保護されていたマーリー。

スタッフさんの話によると、静かな環境でみんなの注目を浴びながら育ってきた彼女は、非常に穏やかで人懐こい性格なのだそうです。

 
デビーさんは語ります。

リリアンさんの反応は最高で、思わず私ももらい泣きしてしまったわ。

この日、彼女は間違いなくとっても幸せだったし、マーリーもまた新しい『ママ』と出会えて嬉しそうだった。

 
リリアンさんにとってもマーリーにとっても、忘れることのできない、特別な1日となったことでしょう。

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]