母を失った赤ちゃんカンガルーは、お腹の袋の代わりに用意した「手さげ袋」を見ると?

オーストラリア・アリススプリングスでカンガルーの保護施設を管理するブロルガさんは、電力供給もおぼつかない砂漠の真ん中で、日々個人的に活動を続けています。

 
ある日のこと、彼は1匹の赤ちゃんカンガルー・ブラッドリーに出会いました。

 
まだわずか生後6カ月。通常であれば、お腹の袋で暮らす時期ですが…

残念ながら、彼の母親は車の事故で死亡してしまったといいます。

 
そこでブロルガさんは、ブラッドリーのために「布製の手さげ袋」を用意してあげたそう。

 
これを、目の前に持っていくと…

動画のキャプチャ画像

自ら袋の中にジャンプ(笑)!

 
とっても満足げな様子に、心がほっこり癒やされます(*´艸`*)

 
ブラッドリーは現在、1日数分間ほどブロルガさん宅の周りで遊びながら、心身を鍛えているとのこと。

立派な大人になってくれる日が、待ち遠しいですね(*´∀`*)

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]