「あなたはゲイ?」バーテンダーにかかってきた突然の電話。その真意を知って感動した

アメリカ・ミシシッピ州ガルフポートの「Sipps」というゲイバーで働くカラ・コーリーさんは、バーテンダー歴17年のベテラン。

Kara Coley will be bartending Friday night 5pm to close! Come start your weekend off with me!

Kara Coleyさんの投稿 2018年2月2日(金)

 
そんな彼女のもとに、ある日、見知らぬ女性から1本の電話がかかってきました。

カラさん:こんばんは。お電話ありがとうございます。Sippsです。

女性:そちらはゲイバーですか?

カラさん:ええ、うちはどなたでもご利用いただけるバーなのですが…。

実際には、ゲイの方が多いですね。

女性:ちょっとお聞きしたいことがあるのですが…。

カラさん:何でも聞いてください。

女性:あなたはゲイですか?

カラさん:はい、そうですよ。

 
不躾で突飛な質問にも、親切に対応するカラさん。

そして彼女は、女性の真意を知ることとなります。



女性:あなたがカミングアウトしたとき、ご両親にはどうしてもらいたかったですか?

カラさん:うーん…。

女性:実はつい先日、私の息子にゲイだと告白されたんですが、どんな言葉をかければよいのか分からなくて…。

カラさん:なるほど。

 
これまで同様の相談をたくさん受けてきたカラさんにとっても、顔も知らない人から、いきなり電話で悩みを打ち明けられるのは初めての経験でした。

しかし…きっと女性にとっては、藁をもすがる思いだったに違いありません。

 
親としての愛情と不安をひしひしと感じ取ったカラさんは、答えました。

カラさん:あなたが息子さんを愛していること、そして受け入れていることをしっかりと伝えればいいのではないでしょうか。

認めていらっしゃるんですよね?

女性:ええ、それが息子の望みなら…。

カラさん:それなら、そのことをちゃんと彼に伝えてあげてください。きっとすべてはそこから始まると思います。

 
率直なやり取りを通して、女性の心も晴れたようです。

女性:分かりました。本当にありがとう。

カラさん:どういたしまして。上手くいきますように!

 
母に信頼を寄せた息子。息子の気持ちに向き合った母。

彼らの絆は、今回の出来事を通して、ますます固く結ばれたことでしょう。

カラさんの素晴らしいサポートに、大きな拍手を送ります!(*´∀`*)

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]