猫を亡くして数ヶ月。心療内科医に「思い出す機会が減ってきて寂しい」と伝えたら…

飼い猫を亡くして数ヶ月経ったはまりー (@travis02130213)さんが投稿した、とある心療内科を訪れた際のエピソードに、注目が集まっています。

 
思い出さなくなったのは、記憶が薄れたからではなく、思い出さずとも一緒にいられるようになったから。

優しい言葉に、胸が温かくなります。

 
なお、はまりーさんいわく「今の担当医は色んな言葉で症状を語ってくれて凄く分かりやすい」とのこと。

もちろん薬の処方や専門的な説明も大切ですが…1人の人間としては、やはりこうして親身な姿勢で寄り添ってもらえるのが、何よりありがたいですね。

 
ネットの反応

●外側ではなく内側にいるって的を得てるかもしれない

●想いを言葉にしてくれる存在ってとても大切

●じいちゃんが亡くなったときに、お坊さんも似たようなことを話してたな

●3ヶ月前に亡くした愛犬のことを思い出しました。心にずっしりと重みがあったのですが、少し救われた気がしました

 
大切な家族がいなくなったことに対する喪失感。そして、その存在をどんどん忘れていくことの切なさ。

つらい気持ちに答えをくれたお医者さんに対しては、はまりーさんと同様の経験を持つ他のユーザーからも、感謝の声が寄せられていました。

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]