けいれんを起こした息子の姿を、妻が動画に撮り始めた→「何してんだ!?」と言ったら…

がーひー 読谷村 まくとぅそーけなんくるないさぁ (@ryu_higa)さんが投稿した、息子さんが熱性けいれんを起こした際のエピソードに注目が集まっています。

 
なるほど!

百聞は一見にしかず。一刻を争う切迫した状況では、確かに最善の判断かもしれません。

 
ツイートを見た他のユーザーからも、奥さんの行動に賛同する意見が多数寄せられていました。

 
パニック時は、記憶が曖昧になってしまう可能性も大いに考えられます。

「非常識」と感じて躊躇する方がいるかもしれませんが、医師に誤った情報を伝えるリスクも減らすという意味でも、非常にスマートな方法です。

 
ネットの反応

●自分が思ってる事を言葉にしても、相手がどう受け取るか分かりませんしね

●意外と思いつかない発想です

●うちの場合は蕁麻疹を写真で撮って先生に見せました。

●子どもの睡眠時無呼吸症候群で、ママが動画を撮っていたので検査をすっ飛ばして大学に紹介出来たという事があります

 
身近な方に、万が一のことが起こったときのためにも…

ぜひ頭に入れておきたい、大切な知識ですね。

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]