巨大ハリケーンに見舞われたテキサスを歩く、1匹の犬。その口には…

8月25日、アメリカ・テキサス州へ上陸したハリケーン「ハービー」。

その勢力は凄まじく、暴風や洪水を伴う豪雨により、多大なる被害が生じたのですが…

 
混乱する状況下で、ティエル・ドッケンさんが撮影した1枚の写真に、今大きな注目が集まっています。

This dog is walking around Sinton TX carrying a entire bag of dog food with him. LOL #refugee

PSA: Owner is found. He is not a stray he just got out on his street.
Dogs name is Otis.

Tiele Dockensさんの投稿 2017年8月26日

 
道端を歩く1匹の犬。

その口に咥えていたのは、なんと「ドッグフード」でした。

まるで何かのミッションについているみたいだった。初めは単に可愛いと思って見ていたの。

 
その後ドッケンさんは、犬が迷っているのではないかと心配になり、彼の後を追いました。

そして彼女たちは、サルバドール・セゴビアさんの家の前に辿り着いたのです。

 
当時の状況を、セゴビアさんはこう語ります。

女性(ドッケンさん)がやってきて、「道を歩いてるあの犬は、あなたの家の犬ですか?」って尋ねてきたんだ。

そして振り返ると…オーティスがいた! それも、食べ物を持って!

スポンサードリンク

 
聞けばオーティスは、サルバドールさんが孫から預かっていた犬だったそう。

ハリケーンが発生したとき、運悪く家に誰もいなかったため、自ら網戸を破って逃げ出したと考えられていました。

本当に賢い犬だ。

ドッグフードをくれる人がいないと気づいて、自分で持っていったんだね。

 
悲劇を乗り越え、無事に再会できた2人。

本当に、本当に良かったですね。

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]