無断駐車を巡るミニストップの対応に賛否両論。一方、リトアニアでは…(笑)

先日、東京都・府中市のとあるミニストップにおいて、同店舗の敷地内で無断駐車している車両を発見した店員が、ドライバー不在時にタイヤロックを施錠。

その上で、「外してほしければ4万円下さい」と書かれた貼り紙を残した出来事が話題になりました。

 
結局、一連の騒動は、コンビニ利用者以外の駐車を牽制したい店員による「自作自演」だったことが明らかとなったのですが…

今回の対応を巡り、賛否両論様々な意見が入り乱れる中、スカーレッドG (@kemono_fm192hz)さんが紹介した1枚の写真に、注目が集まっています


 
豪快すぎる( ;∀;)

装甲車でベンツをぺちゃんこに…! 一瞬ギョッとしてしまいますが、どうやらコレは、市長が2011年に行った無断駐車撲滅を目的とするキャンペーン活動の一環だったそう。

市広報によると、つぶされたSクラスも、このために市が用意したものという。
(参照:路駐ベンツを装甲車でグシャ!市長の過激なパフォーマンス)

 
多額の資金を投じても淘汰したいほど、当時からリトアニアにおいては、無断駐車が切実な問題だったようです。

この光景を見ると、先に紹介したミニストップ店員のパフォーマンスは、随分と優しいものだったように思えてきますね…!

Twitterの反応

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]