妻の遺骨をバッグに入れて搭乗したら…素敵なエピソードに涙が止まらない

KMD (@com_kamada)さんが紹介した、西日本新聞のとある記事に注目が集まっています。

※「父親の記事」…この記事はKMDさんのお父さんが書いたもので、エピソード自体は知人の方の体験談とのこと。

 
機内に持ち込んだ遺骨を、「お連れ様」として真摯に扱ってくれた乗務員。

予期せぬ気遣いに、男性の心はどれほど癒されたことでしょう。

 
愛する人との別れに添えられた、素敵な思い出…これこそ、真の「おもてなし」と呼ぶにふさわしい対応ですね。

Twitterの反応

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]