親戚のPCを直した後で「馬鹿野郎」と怒られた→理由がカッコイイ!

正宗 (@FL_BOM_INNER)さんが投稿した、「パソコン修理」を巡る親戚のおじさんとのエピソードに、注目が集まっています。

 
「自分の腕を安売りすると癖になる」

大工の棟梁だったというおじさん。その職人気質な性格から、たとえ近しい間柄でも「技術の価値」を軽んじる様なやり取りは許せなかったのでしょう。

 
人に何かを依頼する際には、感謝の気持ちと相応の礼儀を忘れぬよう、我々も心がけないといけませんね!

Twitterの反応

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]