保護した猫が毎朝どこかへ出かけているようだ。気になって、後をつけてみると…

1年半ほど前、イギリスのサウサンプトンに住むアン・ウェブスターさんは、自宅のドアの前で眠っていた1匹の猫を保護しました。

 
その後、シェルダンと名付けられた猫は、新しい生活環境にも慣れ元気に過ごしてきたのですが…

アンさんには一つ、気になることが。

 
シェルダンは毎朝、彼女が仕事へ向かう前に家を出発し、どこかへ出かけてしまうのです。

 
「こんなに早くから、一体どこへ行っているのだろう」

不思議に思ったアンさんは、ある日、こっそり彼の後をついて行ってみることにしました。

 
すると、彼はしばらく歩いた後、「B&M」というお店へ入り…

慣れた様子で、各所の棚を見回り始めます。

 
タキシード模様の正装感も相まって、堂々と廊下を歩く姿は、まさに店員さんそのもの。

シェルダンの秘密…それは、毎日この場所に「出勤」していることでした!

 

「シェルダンはいつも、”遅刻”しないよう心がけていたみたい。時々、ストアマネージャーや他の店員さんよりも、早くお店に到着していた事もあったらしいわ」

スポンサードリンク

 
ストアマネージャーのティム・エバンスさんによると、シェルダンは野良猫だった頃から、すでにお店へ通っていたそう。

 

「多くのお客様がお店に来るたび、シェルダンのお気に入りのキャットフードを買って、彼にあげていました。地元の子ども達もみんな、彼に会うために来店してくれています」

 
すれ違う人それぞれに、挨拶を欠かさない真面目なシェルダン。

 
その勤勉さゆえ、常に残業も辞さない姿勢だったようですが…、最近では事情を知ったアンさんによって、決められたシフトで「退勤」させられているそうです(笑)

 
今日も彼は、自身の職務を、しっかりとこなしていることでしょう(*´∀`*)

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]