農家が保護した4匹の子猫。愛情を持って育てていくと…「な、なんか違う!?」

ロシアで農業を営む男性が納屋の中で発見した、4匹の小さな子猫。

周囲に親の姿はなく、生まれたばかりなのか、まだ目も開いていない状態だったそう。

 
このまま彼らだけで生きていけるようには、とても見えませんでした。

 
不憫に思った男性は、猫たちを保護することに。

もともと飼っていた先住猫が甲斐甲斐しく世話をしてくれたおかげで、全員がみるみると大きく成長していきましたが…

 
時がたつに連れ、男性はその外見に、他では見られないような特徴が現れ始めていることに気づきます。

 
大きさは普通の猫と大差ないものの…足が短く、顔は大きく、耳は平べったい。

「この子たちは、もしかして…」

 
そう、実は彼ら…普通のイエネコではなく、マヌルネコと呼ばれる、中央アジア原産の希少種の野生猫だったのです!

スポンサードリンク

 
イエネコと大きく違う身体の構造は、自然環境に適応した結果。

本当にその未来を思うのならば、やはり、彼らが本来暮らすべきだった場所にかえさなければなりません。

 
そして、男性は決断します。

 
一度目は冬に野へ放とうとしたものの、失敗。

 
その後、春にもう一度挑戦した結果…

 
今度は成功しました!

 
マヌルネコたちは今、木々に囲まれた地で、のびのびと暮らしています。

 
別れは寂しいものですが…優しい男性に救われたことを、きっと彼らは、いつまでも覚えていてくれることでしょう。

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]