「人間関係には”2・6・2″の法則がある」とある人生哲学に賛同の声多数

劇画原作者の小池一夫 (@koikekazuo)さんは、「人間関係には “2・6・2” の法則がある」といいます。

 
どれほど頑張ろうとも決して分かり合えない人が、誰の周りにも一定数存在するもの。

そうした方々については、歩み寄ろうとするのではなく、割り切った付き合いをするべきだという小池さんの意見に、他のTwitterユーザーからも賛同の声が上がりました。

 
なお、その「敵」が身内の中に居た場合はどうするべきか、という質問に対しては…

 
近い関係ならなおさら、確固たる意志を持って対応すべきと返答なさっています。

限られた人生で出会う、限られた人々。自分のためにも、そして相手のためにも、ときには諦めることが大切、ということですね。

Twitterの反応

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]