帰還した爆撃機における、損傷部分の統計データ→「あなたならどこを強化する?」


普通のオオハシ (@540_en)さんが紹介した、「帰還した爆撃機における、損傷部分の統計データ」。

 
「帰還率を高めるために、あなたなら防護のための装甲板をどこに追加するだろうか?」

 
答えは、「損傷の”ない”部分を強化する」

 
シールの貼られていない箇所にダメージを受けた爆撃機は、そもそも帰還できていない…。

言われてみればもっともな理由ですが、見落としていた方も多々いらっしゃるのではないでしょうか!

 
こちらの内容は、ウィリアム・リドウェル氏の共著書『要点で学ぶ、デザインの法則150 -Design Rule Index』に掲載されているとのこと。

Amazon:ウィリアム・リドウェル共著『要点で学ぶ、デザインの法則150 -Design Rule Index

 
「思い込み」をなくし、しっかりと理論立てて解決策を探る。あらゆる作業において、大切な心がけですね。

勉強になりました!

Twitterの反応

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]