ママ「ダウン症って、何?」→ダウン症の7歳の娘が、素敵な答えをくれた

サンチェスさん一家には、子どもが4人います。

末の妹ソフィアちゃんは7歳、すぐ上の兄ホアキンくんは8歳。2人は、ともにダウン症です。

 
ソフィアちゃんは、実はサンチェスさん夫妻の本当の娘ではありません。

捨て子だった彼女は、1歳4ヵ月のときに、ウクライナから引き取られました。

 
「ソフィアちゃんに、家族の温もりを知ってもらいたい」

そう考えたサンチェスさんは、同じくダウン症を持って生まれた3男・ホアキンくんと心寄り添う素敵な兄妹となってくれることを願い、彼女を養子として迎え入れたのです。

 
ある日のこと。

サンチェスさんは、ソフィアちゃんに一つの質問を投げかけます。

 
「ダウン症って何?」

 
大人にとっても難しいこの問いに対し、ソフィアちゃんは、朗らかに答えました。

「あなたはダウン症なの?」

「そうよ。私はダウン症よ。」

 
「ダウン症って何かしら?」

「私の血の中にあるもの」

 
「それって、あなたの血を特別なものにしているの?」

「そうよ!」

 
「ダウン症って怖い?」

「全然怖くないわ! とってもワクワクするものよ!」

 
快活な口調からは、誇らしささえ感じられます。

この素敵な動画は、世界中で4万6千回も再生されました。

スポンサードリンク

 
家族の愛情を体いっぱいに浴びながら、幸せな生活を送るソフィアちゃん。

 
彼女の未来は、明るく輝いています。

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]