重病に苦しむ5歳の少年。サンタクロースに会いたいという願いを叶えると…


真っ白なひげを蓄えた、60歳のシュミットさん。

santa

 
彼はその容姿を生かして、クリスマスになるとサンタクロースに変身し、多くの子どもたちを笑顔にしてきました。

 
しかし…先日体験した出来事を振り返り、シュミットさんは語ります。

「数週間、そのときのことがまったく頭を離れなかった。『もう二度とサンタを演じることはできない』とまで思ったんだ」

 
その日、彼のもとに、知り合いの看護師さんから一本の電話が入りました。

 
「重い病気で入院している5歳の男の子が、どうしても、サンタに会いたいと言っている。もう時間がないの」

 
切迫した声。ただならぬ気配を感じ、シュミットさんは急いで支度を整え、家を出たそうです。

 
それから、15分後。

病室へ到着すると…少年の母親が、シュミットさんに「これを渡してあげてほしい」と、アニメキャラクターのおもちゃを手渡しました。

すべての状況を理解した彼は、周囲の人に告げます。

「堪えられない方は、どうか外で待っていてほしい。あなたたちが泣いているのを見たら、私もきっと、自分の仕事をやり遂げられない」

 
ドアの向こうには…今にも眠りに落ちそうな表情の少年が1人、横たわっていました。

 
意を決し、部屋に入ると、シュミットさんはベッドに腰かけ、少年に笑顔で話しかけます。

「やあ! きみがクリスマスを過ごせないなんて聞いて、一足先に駆け付けたんだ。そんなのありえないよ! どうしてだい? 私にとって、一番大切な助手なのに!」

 
すると、少年は憧れのサンタを見上げ、答えました。

「僕が、一番?」

 
シュミットさんは、「そうさ!」と言い、プレゼントを渡します。

弱り切った少年は、包み紙を開けることもほとんどままならない状態でしたが、中に入っているおもちゃを見て、ニッコリと笑いました。

「みんな、僕が死んじゃうって言ってる。天国に着いたら、どうすればいいのかな」

 
その言葉を聞いて、シュミットさんは答えました。

「ひとつ、お願いを聞いてくれるかい?」

「うん」

「天国に着いたら、そこにいる人たちに、『僕はサンタさんの一番の助手です!』って伝えて。そうしたら、きっと歓迎してくれるはずだから」

「本当に?」

「もちろん!」

 
少年は必死に頭を上げ、シュミットさんにハグをします。

そして…

「サンタさん、助けてくれる…?」

 
シュミットさんが返す言葉を探す間もなく…少年はその場で、息を引き取りました。

部屋の中で何が起こったかを悟った母親たちが駆け込んでくるまで、彼はただ、その小さな体を、腕の中に抱きしめていたといいます。

 
シュミットさんは、最後に語りました。

「私は、きっとこの仕事に向いてない。でも、子どもたちの笑顔を見て、もう一度、役目を果たそうと決心がついた。彼らのためにも、私自身のためにも」

 
まもなく訪れるクリスマス。「一番の助手」として天国に向かった少年が、素敵な時間を過ごしてくれることを、心から願ってやみません。

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]